年末年始

忘年会の案内文はくだけた文章でもOK?書き方や例文など紹介!

忘年会 案内文 くだけた

そろそろ忘年会の季節になってきましたね。忘年会の準備などをされている会社員の方なども多いのではないでしょうか?

忘年会といえば、メールや文書などで案内文を考えなくてはいけませんが、くだけた案内文にするにはどうすればいいのでしょうか?

というわけで今回は、忘年会の案内文を砕けた文章にする際の書き方や例文などをご紹介させていただきます!

忘年会の案内文!くだけた文章の書き方やポイントは?

コツ

さて、さっそくですが忘年会の案内文をくだけた文章に書く際のポイントについて解説させていただきます。

ところで、忘年会のくだけた案内文って何を書けばいいの?

くだけていてもくだけてなくても書く内容は一緒だよ!

抑えるポイントとしては、くだけていない案内文と一緒です。

下記のポイントがしっかりとわかる案内文をつくりましょう。

  • 日時
  • 場所
  • 参加費
  • 幹事の連絡先
  • 出欠確認の期日

できれば、会場の場所が分かる地図や目印になるものなども記載しておくとよいでしょう。

忘年会の案内文はくだけた形で大丈夫?むしろくだけた文章で出すべき?

悩んでる人

そもそも、どうしてくだけた文章にする必要があるの?

それは忘年会の参加率をあげるためだったり、忘年会の雰囲気を良くするためなんだ

会社の忘年会の案内文を書く際に、堅苦しいかしこまった文章を書いてしまう方が多くいらっしゃるかと思います。

しかし、忘年会の案内文は失礼の無いように且つ、くだけた面白い文章にするべきです。

理由はざっくり下記の2つになります。

  • 忘年会で親睦を深める場をつくる
  • 普段忘年会に参加しない人でも参加しやすくする

というわけでそれぞれについて解説させていただきます。

忘年会で親睦を深める場をつくる

忘年会は1年を通して開催される飲み会の中でも一番、盛り上がる飲み会です。

参加者は正月休みも控えているので自然と無意識にテンションが挙がっているのです。

そういった場で、普段あまり話すことがない部署間での交流や取引先と親睦を深めたりなど、さまざまなビジネスチャンスがあります。

しかし、参加者同士が仲良くするにはまずは幹事がフレンドリーなオーラ全開で行かなければなりません。

そこで便利なのが、くだけた文章の案内文ということです。

面白みのある遊び心のある案内文が、話せない人でも話のネタになりますし、「幹事はフレンドリーな人なんだ」と皆さんが安心できますよね。

普段忘年会(飲み会)に参加しない人でも参加しやすくする

最近の若者は、飲み会自体が嫌だと感じている人も多いです。

実際、マイナビニュースに掲載されていた調査結果によると、下記のようになっています。

飲み会に行きたくない人の割合
20代〜30代53%
40代〜50代47.7%

若者は、なぜ仕事の飲み会に行きたくないのか?

じつは若い人に限らず、二人に一人が飲み会に行きたくないのです。

忘年会の出席率を上げるためには、こういった方々にも参加してもらわなくてはなりません。

忘年会は、堅苦しいものではなく、面白い出し物などもありくだけた場であることを伝えるため案内文をくだけた文章にしましょう。

そうすることで、普段は飲み会に参加しないような方でも「今回は参加してみようかな」と思えるのです。

忘年会のくだけた案内文例!ケース別に紹介

テンプレート

さっそく案内文を書きたいけど、どうやって書いたらいいかわからない・・・

そう思って、例文集を用意したよ!!

それじゃあ、砕けた案内文っていったいどんなものなの?と思う方が多いかと思います。

というわけで、このページでは砕けた案内文についての例文をケース別に用意しましたので、これから案内文をつくるという方はぜひ参考にしていただけたらと思います。

それでは早速みていきましょう!!

社内向けに忘年会のくだけた案内文を送る場合

各位

お疲れさまです。忘年会幹事の〇〇です。

さて、今年もあと残すところわずかとなりました。早速ではございますが、社内の親睦と交流を兼ねた忘年会を下記の通り予定させていただきました。

みなさまぜひご参加ください。

豪華景品が当たるくじ引きや〇〇グループによる余興など、盛り上がること間違いなしな企画を多数ご用意しましたので、楽しい時間をぜひ共有しましょう。

日時:◯月◯日◯時◯分

場所:◯◯ビル 30F

幹事:◯◯部 ◯◯課 ◯◯ ◯◯(tel:000-0000-0000)

会費:◯◯円

つきましては、◯月◯日までに当メールの会議招集の回答をお願いいたします。

みなさまのご参加をお待ちしております。

会社の全社員に送る場合の忘年会のくだけた案内文の例が上記のようになります。

会議招集機能を利用した出席確認を行うことを想定しております。

年末の挨拶として、冒頭には「今年もあと残すところわずかとなりました」などの言葉を入れてみると良いでしょう。

全社員向けであれば、このようなくだけ具合ですが、自分の部署のみであればもうちょっとくだけた文章でも良いかもしれませんね。

社外に忘年会のくだけた案内文を贈る場合

つぎの社外向けの忘年会のくだけた案内文についてご紹介させていただきます。

そもそも、社外の人に忘年会の案内文を送る際は原則くだけた文章にしてはいけません。

ですが、普段からかなりの高頻度で交流がある場合や、特別仲の良い担当者を招待するような場合は多少くだけた文章にしても問題ありません。

〇〇株式会社
〇〇様

お世話になっております。
株式会社〇〇の○です。

平素は格別のお引き立てを賜り厚くお礼申し上げます。

弊社では日頃よりご支援をいただいている皆様をお招きし忘年会を開催しております。

〇〇様のお好きなワインもご用意しており待ちしておりますので年末の忙しい時期ではありますが、ぜひご参加いただきたく存じます。

恐れ入りますが、会場の準備などもございますので○日までに出欠のご連絡をいただけますでしょうか。

日時:○年○月○日

場所:◯◯ビル30F(◯駅徒歩◯分)

東京都◯◯区◯◯

幹事:◯◯部 ◯◯課 ◯◯ ◯◯(tel:000-0000-0000)

ご不明な点がございましたら、何なりとお申し付けください。

くだけた文章とはいえ、一応取引先なので「平素より格別のお引き立てを賜り厚くお礼申し上げます」などの挨拶をいれることを忘れないようにしましょう。

友人に忘年会のくだけた案内文を送る場合

次は友人にくだけた案内文を送る場合についてご紹介させていただきます。

というか、友人に送る場合は敬語すら必要無いですよね!(親密度によりますが)

また、案内文を送る媒体もメールなどではなく、LINEのグループチャットで送ることが多いかと思います。

あえて文章を考えるとすれば下記のようになるかと思います。

忘年会開催します!

会場も時間もまだ決めてないけど食べたいものがあったら希望を教えて下さい!

日程についても、仕事とかある人もいると思うのでアンケートとって決めます!

参加できるひとよろしく!

地元仲間に忘年会のくだけた案内文を送る場合

次に紹介するのは地元仲間に対する案内文の例です。

町内会やアパート、マンションなど自治体で開催される忘年会もあれば、愛好会などで開催される忘年会もありますよね。

そういった場合の案内文は、年上やご年配の方が目にすることも多いのでくだけた文章はおすすめしませんが、参加者を増やすためにはある程度、くだけた形で面白みのある文章にしても良いかもしれません。

〇〇愛好会 各位

今年も残すところ後わずかとなってまいりました。

さて、早速ではございますが当愛好会では毎年年末に、親睦を深める目的で忘年会を開催しております。

今年についても、開催させていただきますのでぜひ奮ってご参加ください。

日時:◯月◯日◯時◯分

場所:◯◯

幹事:◯◯ ◯◯(tel:000-0000-0000)

会費:◯◯円

参加の可否につきましては、◯月◯日までに〇〇までご連絡頂ますようよろしくおねがいいたします。

社内の人が忘年会でパフォーマンスをする場合のくだけた案内文

忘年会を社内の人で開催する場合は、出し物をしたりパフォーマンスをする方がいらっしゃる場合もけっこうありますよね。

そういったものは、普段参加しない人に来てもらうためのネタになります。

積極的に案内文にいれてみましょう。

各位

お疲れさまです。

今年も残すところ後わずかとなってまいりました。

早速ですが、毎年恒例の忘年会について日時と場所が決定しましたので下記の通りご案内させていただきます。

日時:◯月◯日◯時◯分

場所:◯◯ビル 30F

幹事:◯◯部 ◯◯課 ◯◯ ◯◯(tel:000-0000-0000)

会費:◯◯円

楽しい企画や催しなども下記のようにございますので皆さん奮ってご参加くださいますようお願い申し上げます。

〇〇部:バンド

〇〇部:ショートコント

〇〇部:ものまね

出欠の可否については◯月◯日までに私までご連絡いただきますよう、よろしくお願いいたします。

忘年女子会向けのくだけた案内文

忘年会を女子限定で開催して、女子会兼忘年会という形になるというパターンもありますよね。

そういった場合は一体どのような案内文が適切なんでしょうか?

女子会だと、友達のパターンと一緒でメールなどではなくグループLINEで参加を募る形になるかと思います。

あえて例を上げるとすれば下記のような文章になります。

おつかれ!

今年も忘年会やりたいとおもってるんだけど来れる日ある?

とりあえず、会場は去年だめだった〇〇にしようと思ってるけど希望あったらそこで!

日程は各々予定あると思うから、来れる日を教えて下さい!

忘年会の案内文を出す時期は?

日程 日にち カレンダー

忘年会の案内文を出す時期については会社によって色々あるかと思いますが、1ヶ月〜2ヶ月前に送るのが良いかと思います。

仕事のスケジュール、プライベートのスケジュールは個人個人で色々ありますが、だいたいそれくらいの余裕をもって案内すれば各自調整することは可能になってくるかと思います。

あまりに早すぎる時期に送ってしまうと、予定が立たないため、返信を保留してしまい結局忘年会があることが忘れられてしまうことも考えられます。

そのことから、やはり忘年会の案内文は忘年会の予定時期の1ヶ月〜2ヶ月前に送るのが良いといえます。

忘年会の案内文はくだけた文章でもOK?書き方や例文など紹介!まとめ

まとめ

今回は忘年会の案内文についてご紹介させていただきました。

忘年会の案内文はくだけた文章にしてもかまいませんが、だからといって相手には失礼の内容に気をつけましょう。

記事をまとめると下記にようになります。

  • 忘年会の案内文はくだけた文章にしてもよいが、相手によって使い分ける
  • 忘年会の案内文のポイントは日時、場所、幹事の連絡先、出欠確認の期日、参加費などがわかるように
  • 忘年会の案内文を出す時期は開催の1ヶ月〜2ヶ月前がベスト

以上です。それではまた次の記事でお会いしましょう!