事件・事故

小1の壁とは?どんな問題がある?原因は?どう対策すべきか。

こんにちは。サイトに訪問いただきありがとうございます。

今回紹介させていただくのは近年問題になっている小1の壁についてです。

小1の壁とは?

まず、小1の壁とはいったいどう言った意味の言葉なのでしょうか?お調べしたところ、下記のような意味であることがわかりました。

子供が小学生になると仕事と家庭の両立が難しくなる社会現象のこと

なるほど、そのような意味だったんですね。では何故、子供が小学生に入ると仕事と家庭の両立が難しくなるのでしょう?

小1の壁から起こる様々な問題

小1の壁によって、様々な問題が起こります。下記のような問題が代表例でしょう。

学童保育に申し込んだが拒否された

学童に入りやすいエリアに引っ越し、子供の友達とお別れしてしまう

子供が進級すると学童に行きたくないと言い出す

習い事の送迎がしんどいので仕事を辞める

これらのような問題は、共働きの家庭には牙を剥きますね。これらの問題は早急に改善しなければ子育て世代の生活は依然苦しいままとなってしまいます。

小1のにぶつかってしまう原因は?

小1の壁にぶつかってしまう原因にはいったいどのようなものがあるでしょうか。調べたところ、以下のような要因が多いことがわかりました。

・春休み、夏休みの対応

・学童の預かり時間

・PTAや保護者会など

・子供の友人関係、安全、成績の状況

・学校への持ち物や宿題のサポート

たしかに、これらの要因は生活を変えることを余儀なくされますね。「長期休みの預け先がない」なんてこともあるのでこれに対応するにはやはり、自分の仕事の時間を短くするなどして対応するしかないということですね。

小1の壁はどう改善するべき?

小1の壁は主に、

仕事と育児の両立が難しい

というものから起こります。ですので会社が育児に対して柔軟に対応できるようになる他ありません。パッと浮かぶものとして

リモートワークの推進

フレックス勤務の推進

有休の取得しやすさ(1時間単位での取得など)

育児休暇を男性にも推進する

以上の点が挙げられます。

これらを会社が積極的に行なっていくことで改善の兆しが見えてくるのではないかと思います。

小1の壁まとめ

記事を最後までご覧いただきありがとうございます。今回のまとめを記載させていただきます。

・小1の壁とは仕事と育児の両立が難しくなる社会現象のこと

・様々な要因があり、家庭の問題だけで済まされない

・会社が積極的に改善に取り組む必要がある

以上です。それでは!

ABOUT ME
たいち
名前:たいち 性別:男 年齢:20代 仕事:会社員