事件・事故

スタントマンが事故で死亡。運転手の罪はどうなるの?

サイトに訪問いただきありがとうございます。今回紹介させていただくのはスタントマンが中学校の交通安全教室の事故を再現する際に死亡してしまった事件についてです。

スタントマンが事故で死亡。

今回の事件の概要は下記のようになっております。

京都市山科区の市立勧修中学校で行われた交通安全教室にてスタントマンのアルバイト中村佳弘さん(34)がトラックに轢かれてしまいました。
胸などを強く打ち、病院に運ばれましたが約7時間後に死亡が確認されました。

人が本当にはねられてしまうところを間近でみてしまった中学生たちは一体どのような心境なのでしょうか。トラウマを植え付けてしまいそうですね・・・

スタントマンが事故で死亡。なぜ?どうして?

スタントマンの中村さんは停止中のトラックの前を横切ってはねられる事故を再現しようとしていたそうです。
本来はトラックの発進と同時にバンパーを掴んで車体の下に潜り、30メートル引きずられるスタントが披露される予定でした。しかし、誤ってバンパーから手を離してしまい、車体に強く胸を打ち付けてしまったそうです。

スタントマンが事故で死亡。運転手はどうなるの?

今回、筆者が気になったのはこの点です。

最初から人をはねるスタントを披露すると言う前提で、スタントマン側のミスで事故が起きてしまった場合は運転手は一体どのような罪に問われるのでしょうか?

これについて調べたところ、本当かどうかはわかりませんが

意や過失がなかった場合は不問

との情報がありました。むしろ安全確保が十分ではないと言うことで

スタッフが業務上過失致死に問われる可能性がある

と言うことが分かりました。

スタントマンが事故で死亡。運転手はどうなるの?まとめ

記事を最後までご覧いただきありがとうございます。今回のまとめを下記に記載させていただきます。

・中学校で行われた交通安全教室にてスタントマンが死亡

・事故の原因はスタントマンのミスか?

・トラックの運転手は不問。むしろスタッフが罪に問われる?

以上です!それでは。

ABOUT ME
TAICHI
名前:TAICHI(たいち) 性別:男 年齢:20代 仕事:会社員