社会・政治

渋沢栄一って誰?どんな人なの?経歴や実績まとめ

サイトに訪問いただきありがとうございます。今回紹介させていただくのは新10000円札の肖像画に起用される渋沢栄一(しぶさわ えいいち)についてです!

渋沢栄一って誰?どんな人?

渋沢栄一さんの大まかな情報をお調べしましたところ下記のようなことが分かりました。

日本資本主義の父と称されている

多種多様な銀行、学校、企業の設立

次のセクションで何を設立したかについて紹介させていただきますが、本当にすごすぎて私も驚きました。それでは早速見ていきましょう!

渋沢栄一って誰?経歴や実績は?

渋沢栄一の経歴や実績について調べたところ、下記のような情報が分かりました!

【出身地】
武蔵国榛沢郡血洗島村(現埼玉県深谷市血洗島)

【渋沢栄一が設立した銀行、学校、企業一覧】
第一国立銀行(現みずほ銀行)、東京瓦斯(現東京ガス)、東京海上火災保険、王子製紙(現王子製紙・日本製紙)、田園都市(現東京急行電鉄)、秩父セメント(現太平洋セメント)、帝国ホテル、秩父鉄道、京阪電気鉄道、東京証券取引所、キリンビール、サッポロビール、東洋紡績、大日本製糖、明治製糖、澁澤倉庫

いやいや、これはすごすぎませんか。今の日本に関わりまくりじゃないですか。こんなにすごい人がいたなんて信じられません。今の経済の枠組みは渋沢栄一によってできているのかもしれませんね。

しかも、設立したのはこれらの他にもあり、全部で500ほどあると言われております。

渋沢栄一って誰?まとめ

記事を最後までご覧いただきありがとうございます。今回のまとめを下記に記載させていただきます。

・渋沢栄一が新10000円札の肖像画に起用される

・渋沢栄一は日本資本主義の父と呼ばれている

・500以上の多種多様な企業、学校、銀行を設立した

以上です!それでは。

ABOUT ME
たいち
名前:たいち 性別:男 年齢:20代 仕事:会社員