恋愛

好きな人のlineの返信がスタンプで終わる!その心理について徹底調査!

好きな人 line スタンプで終わる

普段何気なく使っているLINEですが、可愛いスタンプや面白いスタンプなどたくさんあるからお友達との会話の途中で良く使ったりしますよね。

でも、好きな人との会話のやり取りで返信がスタンプだけで終わる時って、え?これどう思われてる?ってちょっと気になったりしますよね。

今回は、好きな人とのLINEのやり取りでスタンプのみの返信やスタンプで会話が終わった時の心理についてご紹介します!

では一緒に見ていきましょう。

好きな人のlineの返信がスタンプのみは脈なし?

自分と好きな人とのLINEのやり取りでスタンプのみの返信が来るんだけど…これはどういう気持ちなのでしょうか?

スマホをいじる女性

相手に関心がないから?

残念ながらLINEの返信がスタンプのみの場合は、あなたに関心がないのかもしれません。

もし、自分が特に関心のない人からLINEがきたらどのように返事をしますか?

相手にどう思われるかな…なんて深く考えずに、何気なく文字付きのスタンプでポンっと返信したり、「了解!」「OK!」などの一言で終わりますよね。

相手からスタンプのみの返信の場合は、相手側も特に何も考えずに返信している可能性が高いでしょう。

lineの返事に困っているから?

スタンプのみの返信の場合、あなたからのLINEの返事に困っているのかもしれません。

返事をしたいけど何と返事したらいいのか分からない時ってありますよね。

そういう時に、文字だけでは何だか寂しい感じもするし、そっけない感じもするし…。

例えば、「何それ」「わかった」「無理だよ」「へぇ〜」「良いね」などの一言だけの返信の場合、文字だけでは少し冷たい感じがしますよね。

でも、スタンプで返信するとスタンプの種類にもよりますが、雰囲気が明るくなったり面白くなったりします。

優しい性格の相手なら、もしかしたらスタンプで返信することによって雰囲気を大事にしてくれている可能性がありますよ。

自分が送るメッセージで相手が返事に困るようなメッセージはしていませんか?

そもそも相手が誰なのか把握出来てなくて、とりあえずスタンプで返信する場合もあるみたいです…。

スタンプだけでも脈なしでない場合がある?

スタンプのみの返信の場合でも、脈なしでない場合があるみたいですよ!

メッセージ

そのスタンプがお気に入りだから?

スタンプの種類ですが、文字入りのスタンプもたくさん流通していますよね。

自分のお気に入りスタンプスタンプ会話を楽しむ方もいるようです。

お互いの間でお気に入りのスタンプがあったり、スタンプ会話が成立していればとても楽しいLINEのやり取りになりますね。

自分とお友達用にお気に入りのスタンプを購入する方もいるみたいですね。

単純に文字を打つのが面倒くさい??

単純に文字を打つのが面倒くさくてスタンプ会話をしている方もいらっしゃるようです。

確かに、仕事やバイト、学校が忙しくて疲れて…みたいな時にはこういう会話できるスタンプがあると便利だし、疲れも忘れて思わず笑っちゃいますよね。

好きな人のlineがスタンプだけで終わってしまった時の対処法は?スタンプについて話す?

好きな人のLINEがスタンプだけで終わってしまった場合、スタンプについて話したりせずに一旦引くのも賢い手段です。

相手が忙しい場合もあるし、しつこいのはもちろん嫌がられます。

日を改めてLINEしてみるのも良いかと思います。

でも、せっかく好きな人とLINEが出来ているから少しでもLINEのやり取りを続けたいですよね!

そんな時のおすすめ対処法をご紹介します。

  1. スタンプで返す
  2. 新しい話題を振る
  3. スタンプについて可愛い、面白いと返事を返す
  4. スタンプでは返せないような話、場所やお店、人の名前など「○○って何だっけ?」と文字での返信を必要とするような話を振る
  5. あえて返信をせずに様子を伺う

恋愛駆け引きみたいな感じとも言えますね。

相手が「あれ?返信来ない…。」と思ってくれる事を期待して時間を置いてみるのも良いかもしれません。

好きな人のlineの返信がスタンプで終わる!その心理について徹底調査!まとめ

今回は、好きな人のlineの返信がスタンプで終わる!その心理について徹底調査!についてご紹介しました。

まとめると以下のようになります。

  • スタンプのみの返信は、脈あり脈なしを恋愛の駆け引きを楽しむように見極める
  • あえて、時間を置いて様子を伺うのも大事!

相手が気になる人だと余計に気になってしまいます。

どうしたんだろう?と脈ありか脈なしかを考えるのも楽しんで下さい。

では、また次の記事でお会いしましょう。