芸能ニュース

橋田壽賀子の国籍や年収は?子供や旦那(夫)の画像などはあるの?

橋田壽賀子の国籍は日本?韓国?

橋田壽賀子は韓国の京城府で生まれました。(現在のソウル)

ですが国籍は日本です。

どういうこと?と思いますよね。

1910年に日本は韓国を占領し、その後35年間は韓国は日本の領有化していました。

その時期のソウルは京城府と呼ばれ、近代的な都市として発展をしていました。

1930年から1935年の間は

  • 韓国人
  • 移住した日本人
  • 移住した中国人など

上記の人種が複数入り乱れた時期だったようです。

橋田壽賀子さんは韓国で生まれましたが、父は菊さん(当時34歳)、母は菊枝さん(当時35歳)とどちらも日本人です。

というわけで、橋田壽賀子さんの出身は当時日本の京城府で両親とも日本人であり、国籍は日本でした。

橋田壽賀子の年収について

橋田壽賀子は脚本家としてかなりの活躍を収めています。

有名所でいうと、「渡る世間は鬼ばかり」は橋田壽賀子さんが脚本を作成していますね!

一応参考として橋田壽賀子さんの作品を下記に記載しておきます。

橋田壽賀子の作品
  • 我が母に罪ありや
  • 姉妹
  • 十九の春
  • 見事な求婚
  • 風の慕情
  • おしん
  • 七人の刑事
  • 愛と死をみつめて
  • あしたこそ
  • 赤い疑惑
  • となりの芝生
  • おんな太閤記
  • いのち
  • 春日局
  • 渡る世間は鬼ばかり
  • 女たち太平洋戦争
  • おんなは度胸
  • 春よ、来い

テレビドラマだいたい1話あたり100万円が相場のようです。

つまり、これだけの作品数を考えるととんでもないことになりますよね。

渡る世間は鬼ばかりだけで考えたとしても2006年の年収は5000万円になります。

また、脚本家以外にもタレントとしての番組出演や書籍を出版していることから年収は数千万〜奥単位であるのではないでしょうか。

橋田壽賀子の旦那(夫)はTBSプロデューサーの岩崎嘉一

橋田壽賀子の旦那(夫)岩崎嘉一の顔画像

橋田壽賀子さんは1996年にTBSのプロデューサーである岩崎嘉一さんと入籍しました。

下記は岩崎嘉一の顔画像となります。

入籍日は1966年5月10日のようです。

この日はなんとTBSの創立記念日でもあり、橋田壽賀子の誕生日でもあるそうです。

橋田壽賀子の旦那(夫)岩崎嘉一の馴れ初めは?

結婚当時、橋田壽賀子は41歳で旦那の岩崎嘉一は37歳でした。

橋田壽賀子は姉さん女房だったということですね。

二人が出会ったきっかけはドラマ「ただいま11人」だそうです。

橋田壽賀子さんは当時、脚本家としての自信を失っており、この先の将来にとても不安を感じていたようです。

そこで大きな収入がある岩崎嘉一と出会い、交際・結婚に踏み切ったそうです。

橋田壽賀子には子供がいるの?

橋田壽賀子には子供がいるのかどうか、気になった方もいらっしゃるかと思います。

調べたところ、橋田壽賀子さんに子供はいなかったことがわかりました。

おそらく、結婚時の年齢がすでに41歳だったので子供を生むこと自体にリスクを感じたんだと思います。

橋田壽賀子の国籍や年収は?子供や旦那(夫)の画像などはあるの?まとめ

記事を最後までごらんいただきありがとうございます。

今回は橋田壽賀子の国籍や年収。子供や旦那についてご紹介させていただきました。

今回の記事をまとめると下記のようになります。

  • 橋田壽賀子の国籍は韓国
  • 橋田壽賀子の年収は数千万〜億単位
  • 橋田壽賀子の旦那は岩崎嘉一
  • 橋田壽賀子似子供はいない

以上です!それではまた次の記事でお会いしましょう!

ABOUT ME
たいち
名前:たいち 性別:男 年齢:20代 仕事:会社員