クレムセゾン

クレムセゾンの副作用は?敏感肌や乾燥肌でも使える?

クレムセゾン 副作用

泡立つクリームシャンプーの「クレムセゾン」、使い続けると、サロンに通ったような艶のある髪になると話題です。

そんなクレムセゾンですが、副作用など肌への影響はどうなのでしょうか?

敏感肌や乾燥肌、そして妊娠中や授乳中でも不安なく使用できるのでしょうか?

クレムセゾン、安心して使用できるかどうか、副作用について調べてみました。

\初回価格1,650円/
いつでも解約可能!

手数料・送料無料!クレムセゾンをお得に申し込める
クレムセゾン公式サイト

クレムセゾンの副作用は?

クレムセゾンには副作用などはあるのでしょうか?敏感肌や乾燥肌、妊娠中や授乳中でも使えるの?

調べてみました。

敏感肌や乾燥肌にも使える?

気になる刺激の強いラウレス集散系やカチオン系界面活性剤やシリコンは不使用です。

アミノ酸系の洗浄力に加えて、5種類のヘアオイルを配合しているので、地肌に優しく敏感肌や乾燥肌の方でも安心して使用できそうです。

妊娠中や授乳中でも安全?

妊娠中や授乳中は敏感なので、刺激性の強い成分が入っていると心配ですが上記のように刺激性の界面活性剤は不使用なんで安心ですね。

また、赤ちゃんに栄養を取られてパサつきがちな妊娠中や授乳中は、しかも忙しくて美容院にも行けないので、シャンプーするだけで「ダメージ補修」「ハリツヤケア」「育毛ケア」をしてくれるクレムセゾンは、助かりますね。

ただし、異常が出た場合はすぐに使用を中止し、製品を持ってかかりつけの病院へ行きましょう。

ちなみに、クレムセゾンの口コミについては下記記事をご覧ください!

クレムセゾンの口コミ評判は?効果や使い方について

クレムセゾンはかぶれやアレルギーは大丈夫?

クレムセゾンの公式ホームページを見ると以上のような6つの成分は使用していませんと明記されています。

各成分についてどんな症状を引き起こすのか調べてみました。

成分起こりうるアレルギー症状
ラウレス硫酸系界面活性剤強い洗浄力で肌のバリア機能を低下させ、かゆみを伴うアレルギー反応を起こすことがある
石油系界面活性剤刺激や毒性が強いために、肌荒れや髪の痛みを引き起こしやすい成分です
殺菌剤シャンプーの泡立ちを良くするキレート剤(殺菌剤)は皮膚への刺激、発疹、喘息の悪化などを引き起こす場合があるとされる成分です。
シリコン揮発性の特徴を持つシリコンは、使い続けることで乾燥肌を促してしまいます。
パラベン石油系防腐剤のパラベンは、まれにアレルギー反応や肌荒れを引き起こします
小麦由来タンパク成分小麦由来のプロテインを使用したシャンプーは、小麦にアレルギーがある方には症状を引き起こすことがあります。

アレルギーを起こしやすい成分は使われていないので、安心して使用できそうです。

\初回価格1,650円/
いつでも解約可能!

手数料・送料無料!クレムセゾンをお得に申し込める
クレムセゾン公式サイト

クレムセゾンの副作用は?敏感肌や乾燥肌でも使える?まとめ

今回はクレムセゾンの副作用などについて調べてみました。

記事をまとめると下記のようになります!

  • クレムゼンには激しい副作用を起こすような成分は見当たりません
  • 刺激性の強い成分配合の界面活性剤不使用なので、敏感肌や乾燥肌にも使用できます
  • 低刺激なので敏感な時期の妊娠中や授乳中でも使用できます。
  • アレルギーを引き起こしやすい6つの成分が非使用

\初回価格1,650円/
いつでも解約可能!

手数料・送料無料!クレムセゾンをお得に申し込める
クレムセゾン公式サイト

いかがでしたでしょうか?また次の記事でお会いしましょう!