健康

寝る前に紅茶を飲むと太る?ダイエットになるのは本当?

寝る前 紅茶 太る

紅茶がお好きな方は、日常では勿論 寝る前に飲まれる機会もあるかと思います。

しかし、寝る前の紅茶は太る可能性があることをご存知でしょうか?

量や種類によっては、ダイエットにならない場合もあります。

そこで今回は、寝る前に紅茶を飲むと太る理由を含め、

ダイエットに適した飲み方についてご紹介させて頂きます。

寝る前に紅茶を飲むと太る?

寝る前に紅茶を飲むとなぜ太るのでしょうか?

理由は3つありますので、順番にご紹介します!

寝る前に紅茶を飲むと太る理由①飲みすぎ

1つめは、飲み過ぎだから です。

いくらカロリー控えめな紅茶だからと言って、飲みすぎては意味がありません。

寝る前に紅茶を飲むと太る理由②ミルクティーは太りやすい

2つめは、ミルクティーを飲んでいるから です。

市販品のミルクティーのカロリーがコチラ。

名前カロリー
午後の紅茶/ミルクティー37kcal
午後の紅茶/芳醇ロイヤルミルクティー40kcal
日本コカ・コーラ/紅茶花伝38kcal
リプトン/白の贅沢ミルクティー37kcal

続いて、ミルクティー以外のカロリーがコチラ。

名前カロリー
ストレートティー(無糖)1kcal
レモンティー(無糖)29kcal
コーヒー(無糖)4kcal
ほうじ茶0kcal

圧倒的にミルクティーのカロリーが高いですよね。

寝る前に紅茶を飲むと太る理由③砂糖や蜂蜜を入れると太りやすい

3つめは、砂糖や蜂蜜を入れているから です。

砂糖のカロリーは100gあたり384kcal

蜂蜜のカロリーは100gあたり294kcalです。

紅茶にどのぐらい入れるかは個人差があります。

しかし、10g入れたとしても約30~40kcalプラスして飲んでいるということになります。

甘味を紅茶に混ぜていますので、当然カロリーが高くなります

寝る前に紅茶を飲むには?ダイエットに適した飲み方!

では、寝る前に紅茶を飲まれる方へ向けた

ダイエットに適した紅茶の飲み方をご紹介致します。

紅茶に砂糖や蜂蜜を入れない

1つめは、紅茶に砂糖や蜂蜜を入れない ことです。

先ほども説明したとおり、少量でもカロリーが増えてしまいます

従って、ダイエットを気にするのであれば甘味を入れずに飲むことをお勧めします。

紅茶をホットにして飲む

2つめは、ホットにして飲む ことです。

アイスティーにして飲みたい気持ちも分かります!

でも、ホットの方が体を温める作用が高いです。
また、新陳代謝が上がりやすいことから痩せやすい体質に近づきます。

紅茶に生姜を入れる

3つめは、生姜を入れる ことです

生姜は、

  • 体を温めて血流を促す
  • むくみや冷え性の緩和
  • 代謝を上げて脂肪を燃やす

このような作用を持ちますので、ダイエットに効果的です。

紅茶にはミルクを入れない

4つめは、ミルクを入れない ことです。

先ほども説明した通り、ミルクティーはカロリが高いです。

出来ればストレートティーで飲みたいですね♪

寝る前はカフェインレスがおすすめ

5つめは、カフェインレスの紅茶を飲む ことです。

寝付きを良くするためにも、カフェインが入っていない紅茶がお勧めです。

ただカフェインレスの紅茶は、
普通の紅茶と比べて、味わいや香りが劣る場合がありますので

お気を付け下さい♪

寝る前に紅茶を飲むと太る?ダイエットになるのは本当?まとめ

今回は、寝る前に紅茶を飲むと太るのかどうかご紹介させていただきました。

まとめると以下のようになります。

  • 寝る前に紅茶を飲むと太る原因は
    飲み過ぎミルクティーを飲んでいる、甘味料を入れているからである
  • ホットにして飲むことは、ダイエットには適している
  • 寝る前は、やはりカフェインレスがお勧めである

以上です。

最後までご覧頂きありがとうございました。

また次の記事でお会いしましょう~。